technosigma.com

クラウンアイアンワークス社■ クラウン連続式抽出・反応設備
原料と溶剤を向流式に接触させ、連続的に効率の良い抽出を行います。
連続式の反応装置または洗浄機としてもお使い頂けます。
製薬、化学、食品、農業などの用途など幅広い用途に採用頂けます。

設備の設計・製作は米国クラウン・アイアン・ワークス社が行います。
同社は大豆など油糧種子から食用油を抽出するトップメーカーです。
米国内においては、大手穀物メジャーをはじめとした食用油製造メーカーの
大半に同社の抽出設備が導入されています。
また、食用油以外の用途にも広く採用されています。

反応装置または洗浄装置としても使用可能。
抽出設備イメージ
原料と溶剤が逆方向へと進行する向流式抽出。
連続式の抽出・反応により、均一な製品品質。
設備の気密性が高い為、揮発性溶剤を使用した抽出・反応も可能。
運転動作は低速であり、オペレーターの関与が少なく且つ、安全である。
 
 
 
 
設備には原理の異なる2種類がございます。
■浸漬式抽出・反応装置(モデル4型)
原料が溶剤中に沈降する原料の抽出に
機械内で抽出原料が複数回反転する事で溶剤との接触を刺激し、抽出効率を高めている。
低速での抽出・反応である為、液中への微粉の混入が 少ない。
■シャワー式抽出・反応装置(モデル3型および5型)
溶剤抜けが良い原料の抽出・反応に。
低速で原料を搬送しながらの抽出・反応であるので、 原料の破損が少ない。
1つの設備の中で、複数の溶剤の使用が可能。


クラウン・アイアン・ワークス社の創業は1878年であり、その長い歴史のなかで様々な原料の抽出・反応を経験しております。

アルファルファ

飲料用香料
除虫菊
アーモンドの皮
発酵食品
レッドペッパー
アンチョビ ミール
フィッシュミール
シリカゲル
バーク
香草
濃縮大豆たんぱく
粗砕コーヒー
ホップ
大豆フレーク
ニンジン
マリゴールド
タールサンド
鶏肉の部位
天然ゴム
バニラ
クロロフィルU
オーツ
ウッドチップ
コーヒー豆
松の葉
ウッドパルプ
コーンジャーム
汚染土壌
ポリフェノール
珪藻岩ペレット
プロテイン    
また、米国・ミネアポリスには、様々なご要望に柔軟に対応できる抽出試験プラントも完備しております。
 

■浸漬式原理(モデル4型)

溶剤中に原料固形物が沈降する用途に適しています。
原料固形物は左側から右側へと移動する一方で、溶剤は右側から左側へと移動します。これにより原料と固形分が向流式に接触し、抽出・反応効率が高まります。
原料を溶剤中に完全に浸漬する事で、抽出・反応効率を高めています。
原料はコンベアーにてゆっくりと移動されます。一度持ち上げた後に次のコンベアーへと落とす事で、原料と溶剤の接触の仕方を変え、抽出・反応効率を高めています。
コンベアーの速度を変える事で、自由な抽出・反応時間の設定が可能です。
(滞留時間 30分〜300分)

■シャワー式原理(モデル3型および5型)
溶剤抜けの良い原料への使用に適しています。
原料固形物は左側から右側へと移動する一方で、溶剤は右側から左側へと移動します。これにより原料と固形分が向流式に接触し、抽出・反応効率 が高まります。
原料はコンベアーにてゆっくりと移動されます。コンベアの下はスクリーンになっており、シャワーされた溶剤は装置下にあるホッパーに回収され、その後は次工程のシャワーへのポンプアップされます。
原料層厚を薄くする事で、 抽出・反応効率を高めています。

コンベアーの速度を変える事で、自由な抽出・反応時間の設定が可能です。
(滞留時間 30分〜300分)

モデル3型は上下2段で構成され、大能力の処理が可能です。
Topへもどる

お問い合わせ