イメージ
technosigma.com サイロイメージ
イメージ イメージ

■ プラネタリー排出機

プラネタリー排出機は、自転するスクリューがサイロ内を公転し、貯蔵物をサイロ中心部より排出します。直径3m〜
20mまでのサイロに対応可能です。公転のスピードは、自転スクリューへの負荷によりコントロールされます。
現在世界で4000基以上が稼動しており、穀物ミール(脱脂大豆粕、グルテンミール等)、 ウッドチップ、小麦ふすま、水酸化アルミニウム、各種飼料原料用に使用されています。

平底サイロ用として使用され、マスフローを可能にし、ブリッジ発生はありません。
この排出機の特徴は、サイロ内を貫通するトンネルにあります。トンネルは人が通れるサイズがあり、サイロを空に
せずメンテナンス等が行えます。

運転を長時間停止する場合は、スクリューをトンネルの下に収納します。これにより再起動する際の自転スクリューの
負荷が軽減され、スムーズに再起動できます。

また、万一スクリューが折れた場合でも、トンネルの下から
代わりのスクリューを入れ、 折れたスクリューの箇所を避けて
公転運動することで、サイロ内の物の排出が可能です。

その後、折れたスクリューをサイロ壁の開口部より取り出します。


イメージ